MVNOは3つの中で利用回線を選ぶ

格安SIMはMVNOが提供する携帯電話サービスを差し大手通信キャリアから回線借りることによって設備維持費かからない、そして契約はネット、家電量販店をメインとして人件費、店舗運営費節約できて、今までの携帯電話料より低価格で提供され、格安SIMと呼ばれます。

MVNO情報は初心者にも分かりやすいです。

そして、通信回線を独自に持ってる企業をMNOと呼ぶに対して、その回線を借り携帯電話サービスしてる企業をMVNOを呼びます。これは主にドコモやソフトバンクなどで利用回線を選び、格安SIMを提供してるので通信品質は苑やリアと変わらないです。いまドコモを不便なく利用してるのであればドコモ回線利用した格安SIMでも基本同じように不便なく利用できるわけです。
ですが、これは回線借りてる状況で利用できる回線の容量が決まってます。


MVNOは回線容量と契約者数のバランスとってますが、混雑する時間帯どうしても通信遅くなる傾向が。



携帯電話で利用してよい周波数は総務省によって区分けされてますが、そのすべてを各キャリアが自由に使ってるのではなくて、キャリアごと利用してる周波数帯異なるうえ、エリアにより使われる周波数帯変わることも。



そして大手通信キャリアで売られてる端末は最新技術、最先端機能が続々搭載されてハイスペックな分高価なこと多いです。

ですが、大手通信キャリアで購入すれば月々の割引サポートついたり下取り価格が高額、ポイント利用が可能など端末の実質負担額を低く下げられたりします。