MVNOサービスはどのような人に向いているのか

MVNOを扱っている業者は三大キャリアから電波を借受け通信サービスを提供しています。
それらの業者の大多数はdocomoの回線を使用しています。docomoは母体がNTTである関係から回線の料金が安く設定されています。

そして、一部auの回線を使用している場合やキャリアのサブブランドとして運営されている業者も存在しています。


回線を借りている業者からSIMカードをもらって販売しています。

auの場合はMVNO専用のSIMカードを用意しています。

MVNOを理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

docomoはdocomoの名前入りのSIMカードが発光されています。



また、業者は主にネットでSIMカードを販売しています。

店舗は持たず、端末はSIMロックがされていないSIMフリー端末を取り扱っています。



また、SIMロック解除をしている中古端末や新品端末を自分で購入し、SIMカードだけ購入するケースもあります。
キャリアでは端末を購入した時にSIMカードはキャリアショップのスタッフがすべて端末に設定し、ユーザーの手を煩わせることはありません。しかし、MVNOで契約と端末を購入した場合は必要な設定は自分で行わなければいけません。

よって、MVNOでスマホを購入する時には、自分で端末の設定をすることができなければ通信も電話もできないことになります。


店舗がないので電話でのサポートに頼ることになりますが、やはりある程度の知識がないとサポートを聞いても設定できない可能性があります。そこで、MVNOサービスを利用することに向いている人は端末の取扱いになれている人。


そして電話でのサポートを受けて実行できる人。またキャリアでサポートを受けることができないことを理解している人。

これらのことが理解できない人はキャリアで端末の契約をすべきです。